地盤調査

GROUND INVESTIGATION

精度の高い地盤調査

お住まいを建てるには、その土台となる土地が安定している必要があります。
また、強固な地盤でなければ建物を建てる事ができません。
事前調査を怠ることで、地盤の不同沈下により、建物が傾き、基礎にクラックが入る、扉や窓の開閉が困難になる、
下水道の排水不良を招く恐れがある、などの重大な問題を引き起こす原因となります。

そのためには、実際に地盤調査を行い、その土地の地盤状況を調べ、把握する事が必要です。
調査の結果、地盤が安定していない事が判明した場合は「地盤補強」を行う事で、地盤を安定させる事が可能となります。

当社では、何万件にも及ぶ地盤調査の結果をデータベース化する事により、各地域の土地の特性を矛め詳細に把握・予測する事が可能です。
これにより精度の高い地盤調査を実施する事ができます。

GROUND INVESTIGATION

創和の地質調査

スクリューウエイト貫入試験(フルオート)

 地盤強度を調べる調査方法として、スピーディーで正確な地盤調査を行える、住宅地等では最も信頼できる方法です。深度10mまでの土地の強度等を判断するための抵抗値を求めることが可能です。

地質・土質調査(ボーリング)

 建設工事において、地質調査として一般的に行われる調査方法です。その対象は、高層ビルなどの建築構造物も含め多岐に渡っています。
 またこのボーリング調査は、実際に孔を掘って地質の状態を確認し、土の採取及び標準貫入試験などを行います。

測量調査

 対象となる土地やその周辺に存在する境界標や既存の工作物(建物・ブロック塀)や道路等を測量し、現況平面図を作成する為の測量です。
 正確な隣地との境界をはっきりさせ、所有地の正しい面積を求めるには、現況測量に加えて境界確定測量が必要になります。

土壌調査

 土壌の汚染調査に用います。

地盤調査によるデータ解析・検討

 地盤調査のデータをあらゆる角度から解析します。その結果不同沈下等を起こす可能性がある軟弱基盤と判定された場合、適切な改良工事を行うためのさまざまな検討をして、速やかに地盤補強工事を決定します。